信頼をモットーに、安心をお届けします。あなたの身近に親切な社会保険労務士事務所があります。
〒530-0004
大阪市北区
堂島浜1-1-8
堂島パークビル3階
〒650-0025
神戸市中央区
相生町1-1-16
神戸クロエビル701号
〒101-0062
東京都千代田区
神田駿河台1-8-11
東京YWCA会館203号
〒530-0004
大阪市北区
堂島浜1-1-8
堂島パークビル3階
取扱業務&料金体系
ご契約までの流れ
NSRにゅーす
中島塾ブログ
社労士Eye
2014/03/07
雇用保険法の一部を改正する法律案

雇用保険法の一部を改正する法律案(平成26年1月31日提出)

雇用保険法の一部を改正する法律案の概要
1.育児休業給付の充実 【平成26年4月1日施行】
育児休業給付(休業開始前賃金の50%を支給)について、1歳未満の子を養育するための育児休業をする場合の休業開始後6月につき、休業開始前の賃金に対する給付割合を67%に引き上げる。

2.教育訓練給付金の拡充及び教育訓練支援給付金の創設 【平成26年10月1日施行】
(1) 教育訓練給付(受講費用の2割を支給、給付上限10万円)を拡充し、中長期的なキャリア形成を支援するため、専門的・実践的な教育訓練として厚生労働大臣が指定する講座を受ける場合に、
・ 給付を引き上げ(受講費用の4割*)、
・ 資格取得等の上で就職に結びついた場合には受講費用の2割*を追加的に給付する
※1年間の給付額は48万円*を上限とする(給付期間は原則2年。資格につながる場合等は最大3年)
<対象者>2年以上*の被保険者期間を有する者(2回目以降に受ける場合は10年以上*の被保険者期間が必要)
(2) 教育訓練支援給付金を創設し、45歳未満の離職者が上記の教育訓練を受講する場合に、訓練中に離職前賃金に基づき算出した額(基本手当の半額)を給付する。(平成30年度までの暫定措置)

3.その他
(1) 就業促進手当(再就職手当)の拡充 【平成26年4月1日施行】
現行の給付(早期再就職した場合に、基本手当の支給残日数の50%~60%相当額を一時金として支給)に加えて、早期再就職した雇用保険受給者が、離職前賃金と比べて再就職後賃金が低下した場合には、6月間職場に定着することを条件に、基本手当の支給残日数の40%を上限として、低下した賃金の6月分*を一時金として追加的に給付する。
(2) 平成25年度末までの暫定措置の延長 【いずれも3年間の延長】
ア 解雇、雇止め等による離職者の所定給付日数を60日間延長する個別延長給付について、要件厳格化*の上で延長する。
イ 雇止め等の離職者(特定理由離職者)について、解雇等の者と同じ給付日数で基本手当を支給する暫定措置を延長する。
雇用保険法の一部を改正する法律案の概要
2.教育訓練給付金の拡充及び教育訓練支援給付金の創設 【平成26年10月1日施行】
1.育児休業給付の充実 【平成26年4月1日施行】
3.その他
(注) *については、法律成立後に省令で具体的に定める事項である。

概要 [96KB]
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/186-01.pdf
法律案要綱 [55KB]
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/186-02.pdf
法律案案文・理由 [83KB]
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/186-03.pdf
法律案新旧対照条文 [108KB]
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/186-04.pdf
参照条文 [175KB]
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/186-05.pdf

社会保険労務士法人NSR
大阪オフィス
神戸オフィス
東京オフィス
大阪市北区堂島浜1-1-8 堂島パークビル3階
神戸市中央区相生町1-1-16 神戸クロエビル701号
東京都千代田区神田駿河台1-8-11 東京YWCA会館203号
TEL:06-6345-3777 FAX:06-6345-3776
TEL:078-371-5120 FAX:078-371-5107
TEL:03-3518-8802 FAX:03-3518-8803
Copyright © 社会保険労務士法人NSR All Rights Reserved.