信頼をモットーに、安心をお届けします。あなたの身近に親切な社会保険労務士事務所があります。
〒530-0004
大阪市北区
堂島浜1-1-8
堂島パークビル3階
〒650-0025
神戸市中央区
相生町1-1-16
神戸クロエビル701号
〒101-0062
東京都千代田区
神田駿河台1-8-11
東京YWCA会館203号
〒530-0004
大阪市北区
堂島浜1-1-8
堂島パークビル3階
取扱業務&料金体系
ご契約までの流れ
NSRにゅーす
中島塾ブログ
社労士Eye
2014/09/26
飲食店における危険の「見える化」ツール

飲食店における労働災害の現状
● 労働災害の4%が飲⾷店で発⽣しています。その 占める割合は年々増加しています。
● 全産業の労働災害は減少傾向にありますが、飲食店の労働災害件数は増加傾向がみられます。
● 飲食店での労働災害(休業4⽇以上)の類型は多い順に次のとおりです。

①「転倒(つまずき、すべり)」 28%
② 「切れ・こすれ」 26%
③ 「高温・低温の物との接触」 15%
④ 「動作の反動・無理な動作(腰痛など)」 6%
⑤「墜落・転落」 6%

飲食店における危険の「見える化」ツール [667KB]
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/0000058403.pdf
飲食店における危険の「見える化」ツールのリーフレットに使用されているステッカー [105KB]
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/0000058404.pdf
飲食店における危険の「見える化」ツールのリーフレットに使用されているマーカー [55KB]
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/0000058405.pdf

資料出所:厚生労働省 都道府県労働局 労働基準監督署
     (一社)日本労働安全衛コンサルタント会

社会保険労務士法人NSR
大阪オフィス
神戸オフィス
東京オフィス
大阪市北区堂島浜1-1-8 堂島パークビル3階
神戸市中央区相生町1-1-16 神戸クロエビル701号
東京都千代田区神田駿河台1-8-11 東京YWCA会館203号
TEL:06-6345-3777 FAX:06-6345-3776
TEL:078-371-5120 FAX:078-371-5107
TEL:03-3518-8802 FAX:03-3518-8803
Copyright © 社会保険労務士法人NSR All Rights Reserved.